【滞在アーティスト紹介】「五月、忘れ去られた庭の片隅に花が咲く」制作メンバー / 【Residents】Theater Play “五月、忘れ去られた庭の片隅に花が咲く” Team

Artist 2022年9月17日

*English follows

 

9/9〜9/16に演劇公演「五月、忘れ去られた庭の片隅に花が咲く」が札幌のシアターZOOにて行われました。
滞在されていた俳優、演出、音響スタッフの方々を紹介します。写真左から

 

黒沼弘己さん(フリー)

智順さん(FATHER’S CORPORATION)

犬飼淳治さん(道産子男闘呼倶楽部)

鄭義信/チョン・ウィシンさん(演出)

津村知与支さん(劇団モダンスイマーズ・道産子男闘呼倶楽部)

鈴木三枝子さん(音響オペレーター)

 

今回は昭和56年に夕張炭鉱で実際に起こった大規模な事故を題材とした劇。
1週間で10公演のハードな公演スケジュール、みなさん本当にお疲れ様でした。

9/22〜26は浅草九劇にて東京公演です。関東のかた是非!

 

Staged from 9th to 16th of September, at  Theater ZOO in Sapporo, was “五月、忘れ去られた庭の片隅に花が咲く” (literaly: “May, The Flowers Bloom in the Corner of a Forgotten Garden”). 

Large part of the creative team stayed in Tenjinyama Art Studio for the training and performance of the play. Here’re the members (l to r);

 

Hiromi Kuronuma (actor)

Chisun (actor)

Junji Inukai (actor)

Wishing Chong (screenwriter/director)

Noriyoshi Tsumura (actor)

Mieko Suzuki (sound operator)

 

The play takes a historical coal-mine accident happened in Yubari in 1981 as its central subject.

With Theater ZOO, the team performed 10 stages for a week. Asakusa Kyugeki in Tokyo will be their next destination (Sep. 22th – 26th, 2022).