滞在スタジオ

利用者状況 滞在までのステップ 滞在スタジオ使用対象者 滞在スタジオ空室状況 使用時間と使用料 使用にあたって 申し込みについて 使用できるスペース 備品・付属品について

画像:滞在スタジオメインイメージ その1
画像:滞在スタジオメインイメージ その2
画像:滞在スタジオメインイメージ その3

 

札幌・北海道での中長期滞在を札幌市が支援するためのスタジオです。
都心部から札幌市営地下鉄+徒歩で約30分。天神山緑地内にあるため静かな環境を確保でき、すべてのスタジオから公園風景を眺めることができます。

支援対象: 国内外、及びプロ・アマチュアを問わず多様な分野(美術、音楽、工芸、演劇、ダンス、文芸、写真、映像、デザインなど)で創造的活動を行う 18 歳以上のアーティスト、研究者を含む文化芸術分野に従事する人
*支援対象として条件を満たしているかどうかの審査があります。

利用者状況

画像:利用者状況

アートとリサーチセンター

AIRページ(AISプランニング)

滞在アーティスト一覧

▲ トップに戻る

滞在までのステップ

画像:滞在までのステップ

▲ トップに戻る

滞在スタジオ使用対象者

以下の全てを満たす方のみ使用できます。

▲ トップに戻る

滞在スタジオ空室状況 (情報が最新ではない場合がありますのでお問い合わせ下さい。)

▲ トップに戻る

使用時間と使用料

滞在スタジオ(1室あたり)の時間区分と使用料の表

スタジオ 時間区分 使用料
1日目~7日目 8日目~14日目 15日目以降
A(19㎡) 1日(11:00~翌日10:00) ※連続して使う場合は、11:00~翌日11:00 770円/日 530円/日 390円/日
B(53㎡) 2,130円/日 1,460円/日 1,070円/日
C(73㎡) 2,930円/日 2,010円/日 1,470円/日

▲ トップに戻る

使用にあたって

使用申請を行う前に、下記を必ずお読みください。

▲ トップに戻る

申し込みについて

申込期間

使用お申込みは使用日の12ヶ月前から、3日前(土・日・祝日・年末年始、施設休館日を除く)まで可能です。
※滞在スタジオ使用期間中に交流スタジオを使用する場合は、同時期使用となるため特別に12ヵ月前から申込ができます。

申込方法

1.空室状況をご確認ください。 ※掲載しているスタジオ空室状況は最新ではない場合がございます。予めご了承ください。最新情報についてはメールまたはお電話でご確認ください。

2.滞在スタジオ申請書をダウンロードし、必要事項を記入してください。尚、申請書は施設の窓口でも配布しています。

滞在スタジオ申請書(wordファイル)

滞在スタジオ申請書(PDFファイル)

 

3.滞在スタジオの申請には申請書に加え、以下の資料をご準備ください。 (1) ポートフォリオ(もしくは下記に内容を含むWEBサイトのURL) (2) プロフィール、活動歴、作品画像を数点など活動内容の分かるもの (3) 身分証明証(パスポート、運転免許証、健康保険証など現住所が記載された書類)のコピー1部 ※提出書類は申請の審査及び、アーティスト・イン・レジデンスのアーカイヴに使用されます。 (4) 提出書類を下記のいずれかの方法で提出してください。

※電話でのお申込は受け付けておりません。 ※ファックス番号のお間違いにはお気を付け下さい。 ※記載内容に不備等がある場合は、内容を確認させていただくことがあります。 ※申請書提出後、3日経過しても連絡がない場合は、メールまたは電話でお問い合わせください

お支払方法

キャンセル方法

▲ トップに戻る

使用できるスペース

画像:施設マップ1階 画像:施設マップ2階

滞在スタジオA

画像:滞在スタジオA その1
画像:滞在スタジオA その2

パソコンでの作業、調査の拠点などに適したコンパクトなサイズです。1名のみの使用です。
スタジオ数:6室 約19.0㎡(平方メートル)/1K相当

滞在スタジオB

画像:滞在スタジオB その1
画像:滞在スタジオB その2
画像:滞在スタジオB その3
画像:滞在スタジオB その4

メゾネット型のスタジオです。塩ビタイル床とカーペット床の作業スペースに分かれており、ワーキングスペースを2カ所とることができます。 1-3名まで使用することができます。 スタジオ数:6室 約53.0㎡(平方メートル)/2DK相当

滞在スタジオC

画像:滞在スタジオC その1
画像:滞在スタジオC その2

メゾネット型のスタジオです。塩ビタイル床と広めのカーペット床の2種類のワーキングスペースがあります。1-4名で使用することができます。 スタジオ数:1室 約73.0㎡(平方メートル)/3DK相当

▲ トップに戻る

備品・付属品について

※枕や毛布、シーツ等の寝具、バスタオル等洗面用具はありません。滞在者ご自身でご用意ください。 ※食事の提供、清掃サービスはありませんので、各自で行ってください。 (使用後は原状回復をお願いいたします) ※基本的な工具、機材しか用意しておりません。特殊な機材類は各自でお持込ください。 その他、制作活動に関する設備・備品については、事前にご相談ください。

▲ トップに戻る