AIRアーカイブ展:アーティストは札幌でなにをした?/AIR Archive Exhibition: What did the Artists do in Sapporo?

ActivityArtistEventNews 2022年4月28日

「市民と滞在アーティスト等との交流の機会及び文化芸術作品に触れる機会の創出」の一環として、これまで天神山アートスタジオが取り組んできたアーティストへの支援活動(AIR)のいくつかの成果をアーティストのインタビュー動画、残された制作物の展示で紹介します。

いまや日本にとどまらず世界で活躍するアーティストたちが、ここ、天神山アートスタジオを拠点に札幌でなにを思い、どのような活動をおこなったのか。知られざる「アーティストの創作活動」をぜひご覧ください。

日時:2022年429日(祝・金)-522日(日)休館日5/2,9,16月曜日

   8:45-21:00

会場:展示スペース

入場無料:どなたでも観覧できます。

From April 29 to May 22, 2022 (Closed on Mondays)

8:45am to 9pm

Gallery Space in Sapporo Tenjinyama Art Studio

Admission free

Sapporo Tenjinyama Art Studio has been supporting artists as a base of Artist-in-Residence programs as part of its efforts to “create opportunities for citizens to experience cultural and artistic works” and we would like to introduce some of the results through interviews and art works.

The Artists who have stayed and worked at Sapporo Tenjinyama Art Studio became prominent artists not only in Japan but also in the world. We would like to introduce what they thought and did during their stay at Sapporo Tenjinyama Art Studio.

*展示している資料リスト

1)インタビュー動画

  ・アーロン・マクラフリン(2020年度)
  ・潘 逸舟(2020年度)
  ・アドルウント(2019年度)

2)滞在中に制作し、成果発表時に公開した作品の一部

  ・アドルウント「ラーメンさん」+テキスト

  ・ラヘーズ・タリフ「インスタレーションの一部」+テキスト

  ・アーロン・マクラフリン「漫画プラクティス」+テキスト

   *テキスト(外部ブログで閲覧可能)

企画:さっぽろ天神山アートスタジオ