アーティストと共同作業で「theatre on a cart/カートに乗った演劇」を創りませんか

ArtistNews 2021年9月8日

共同制作者(コラボレーター)を募っています!

さっぽろ天神山アートスタジオでは毎年2-3名の海外アーティストを札幌に招き、滞在型制作活動を支援(アーティスト・イン・レジデンス)しています。これらのアーティストは、札幌市のアーティスト・イン・レジデンス招聘により、札幌・北海道という場所とそこに暮らす人と出会い、これらの創造的な出会いにより自身の活動を大きく飛躍させ、国際的な文化芸術分野で活躍しています。

2021年度は、昨年から続く感染症の世界的流行(パンデミック)により海外から日本への入国が制限されていることから、札幌に身体的な移動をせずアーティストが自身の活動拠点にとどまりながらインターネット機能を活用して遠隔で札幌とコミュニケーションをとり、良好な関係性築きながら有意義な創作活動を行う「オンライン・レジデンシー」を実験的に行っています。

さっぽろ天神山アートスタジオ公式ホームページ「国際公募AIRプログラム」

「Theatre on a cart’ (カート上の劇場)」は、ベトナム/アメリカ合衆国の舞台美術分野の劇作家であるTra Nguye/チャ・グエンからさっぽろ天神山アートスタジオのオンライン・レジデンシーに提案された作品制作となります。

移動に制限が加わり、劇場に足を運ぶことに以前と比べて躊躇してしまうような現在の状況の打開策として、観客のところまで運ばれていく(台車に乗せられて移動する)演劇作品をつくるというアイデアです。また、アーティスト(チャ・グエン)は、札幌に住む65歳以上の方とこの演劇作品を共同で制作したいと希望しています。

*資料

◇アーティストのプロフィールと提案されたプロジェクト概要

webサイト・ブログ(日本語・英語)

◇アーティストの自己紹介・札幌の人々とやりたいこと(作品制作概要)についての動画を公開中です!(日本語字幕付き)

日本語字幕原稿はこちら→チャ・グエン メッセージ動画和訳

◇アーティストが共同制作者に関心を寄せてくださった方と話をしたい内容・質問(サンプル)
質問サンプルはこちら_Theatre on cart台車に乗った演劇/劇場

◇アーティストの過去・現在進行中のプロジェクト、アイデアスケッチなど

・ポートフォリオ(作品集)

・フェイスブック https://www.facebook.com/TheRun.Theater/

・インスタグラム https://www.instagram.com/tradagram/

 

【プロジェクトの進め方について】

9月中旬まで:

・アーティストと会話をしてくださる方を求める(*最初の会話でアーティストがする「質問」サンプルを別途添付しています)

・プロジェクトの共同制作者(コラボレーター)グループをつくる

 

②以降、週1回程度のビデオ通話ミーティングを行いながら演劇作品をつくる(全部で4-5回のミーティングを予定しています)

 

以下、可能であれば。

10月末まで:15分程度の演劇作品の上映をライブ配信、収録などで実現してみる

 

【参加に関してさっぽろ天神山アートスタジオが行うサポート】

・インターネット上でのビデオ会議参加へのお手伝い

・アーティストと会話をする際の通訳(日本語/英語)

・演劇作品上映に関わる制作

・参加のためにかかる経費(交通費など)

 

【お問い合わせ先】

さっぽろ天神山アートスタジオ 小田井(おだい)

TEL 011-820-2140