White Letters トーク・イベント(オンライン)Barim/天神山交換プログラムプログラム成果発表

ArtistEventNews 2021年3月4日

English and Korean readers, please click here for the information!

韓国光州のBarim とさっぽろ天神山アートスタジオの交換プログラム White Lettersに参加したバン・ジェハさん、ジョン・ユジンさんは、今後札幌で行われるレジデンスとリサーチのためのリサーチを行い、「移動する」という概念を色々な物質性と境界に当て考えました。

壁と虚空に向かって話すことに慣れてきたzoomの世界で無色になる距離感、ファンタジーのように残っている「オフライン」の感覚に頼ったpre-residencyを、いったんプレゼンテーション形式にまとめてみます。

プレゼンテーションで、これまでの取り組みについての一部と、もうすぐ、いつか旅立つ札幌リサーチ旅行の予告編を公開します。

バン・ジェハ:韓国人にとって、北朝鮮はコロナ19以前にも移動することができない場所だったが、ある一部の人々にとっては、国境の存在さえも知らぬうちに自由に行き来できる場所である。しかし、このプロジェクトは、統一、理念、歴史、移動、分断、疫病の問題以前に、美的困窮の語である。追体験でしか接することができない場所に対する感覚を再構成してみる。

バン・ジェハ プロフィール

ジョン・ユジン : 雪まつりは、膨大な量の雪を使って巨大な雪の彫刻を作ることで知られている。コロナウイルスですべてが非物理的な空間に入ってしまった現在、圧倒的な体積の雪まつりの彫刻と、完全無形の、実体のないブロックチェーンと暗号通貨を介して、オフラインの体積と質量を消去する方法を考える。

ジョン・ユジン プロフィール

 

3月13日 午後5時 – 7時 (zoom/韓国語、日本語のみ)

当日視聴用のzoomリンクを送ります。事前に申し込みくださいhttp://bit.ly/whitebarim

Barim とさっぽろ天神山アートスタジオは、2020年度から交換プログラムを行っています。支援:令和2年度「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業